広いオフィスをパーテーションで有効活用しています

パーテーションの効果的な利用で様々な業務形態を実現

必要に応じて動かすことで自由自在に仕切りを設けることができ、また簡単に移動することができるので効率よく作業を進めることができるのも大きなポイントとなっています。
広いフロアを有効に活用し様々な状況に応じて間仕切りを変更することができる事は、自由にフロアの状況を変更することができるので作業性が良いことがわかりました。
最近ではパーテーションを効果的に利用して様々な業務形態を実現することができるようになっています。

複数の小さなプロジェクトは個別に部屋を用意することができないため同じ部屋の中に収容することも多かったのですが、価格が安いために追加で購入をすることもでき、必要に応じて自由に利用することができることから個別の会議などでも頻繁に利用されており、作業効率を高めるためにも非常に有効なものとして利用しています。
効率よく作業を行うことができるツールとして役立っており、今後も効果的に利用を続けたいと考えます。

広いオフィスで作業に集中できないのをパーテーションで解決 : 状況に応じて間仕切りを変更できるのは最大のメリット : パーテーションの効果的な利用で様々な業務形態を実現 : 宇都宮でのパーテーション工事