広いオフィスをパーテーションで有効活用しています

広いオフィスで作業に集中できないのをパーテーションで解決

広いオフィスで作業に集中できないのをパーテーションで解決 : 状況に応じて間仕切りを変更できるのは最大のメリット : パーテーションの効果的な利用で様々な業務形態を実現 : 宇都宮でのパーテーション工事

私の職場では現在家賃が安いからと広いオフィスを借りていますが、部署事の仕切りがないため隣の部署の様々な作業の内容が目に入ってしまい、作業に集中できないと言う声が多く聞かれていました。
そのためある程度間仕切りのある賃貸オフィスを利用することも考えましたが、このような場所は家賃が高い上、そのスペースの利用を有効にすることができないと頭を抱えていたところ、パーテーションを販売する営業マンから提案を受け、現代では非常に有効に活用をしている状態となっています。
その中でも最も大きなメリットは状況に応じて間仕切りの位置を変更できる点です。
プロジェクト等が始まると複数の部署が連携して作業を行うことが多いのですが、一般的にはこのような場合には別途プロジェクトルームを設置し、その中にメンバーが集まって作業を行うことが非常に効率的と考えていました。
実際に私の職場でもプロジェクトを行う場合には別途賃貸オフィスを利用してプロジェクトルームを作り、その場所にメンバーが集まって作業をすると言うスタイルが非常に多かったのです。
しかしこの場合にはプロジェクトの期間中は本来の職場はほとんど利用しないことになってしまうため、無駄な経費がかかってしまうと感じていた面もありました。